携帯電話の買取で成功する人と失敗する人の違いを解説

以前は携帯電話を購入するのはショップか家電量販店と言うのが通例でした。しかし、最近では様々な場所で携帯電話を購入することが出来る様になっていて、特に中古販売に関しては非常に活発に行われています。元々の端末価格が高い携帯電話と言うこともあって、方法次第では高額買取の期待も十分にあります。と言っても、何世代も前のものではないという前提が必要にはなります。商品価値が十分にあるものであれば高額買取の可能性はある為、「どういった手段で携帯電話を売却すれば良いのか」と言うことをしっかりと覚えておくようにしましょう。失敗する人と成功する人の違いは、「知っているかどうか」と言う点ともう一つ、「横着するかしないか」にも関係してきます。それを踏まえた上で、自分の目標値を設定しましょう。

買取価格には相場があるが変動幅は大きい

例えば、車や貴金属などを売却する時には、買取業者は「相場」に合わせて価格を設定します。相場を基準とし、そこからプラスもしくはマイナスになる要因を見つけて最終的な価値を判断します。携帯電話についても基本的にはこれと同様です。基本的な相場を参考にして基準を決め、そこから状態などを加味して最終的な評価を決定します。と言っても、携帯電話の場合は車などと違って相場が比較的曖昧な意味合いになっているため、買取業者によっては全く違った評価基準で価値を決める可能性があります。相場以上の高額査定であればまだしも、極端に低い評価になってしまう可能性もあるので事前にしっかりと情報収集をしておくようにしましょう。少なくとも、一般的な相場を把握してさえいれば損をするリスクは大きく減らすことが出来ます。

専門業者にこだわらない売却方法選びが大切

価格・アフターフォローなどの面を総合した場合、専門業者を利用して携帯電話を売却した方が安心できます。しかし、当然ながら業者を利用する場合には「本来の価値よりも若干下がった評価になる」というデメリットがあります。業者がメリットを出せなければ意味が無い為、その分(全部ではない)の価値が引かれた分が買取価格となります。このロスをなくすことが出来れば更に高額買取の可能性がある為、「オークション」と言う方法も検討する価値があります。オークションを利用する場合、事前に登録が必要だったり利用料が必要だったりと言うデメリットもありますが、場合によっては業者が採用している相場の数倍で売却出来る可能性もあります。もちろんそういった状況は稀ですが、希少機種を持っている人などはこちらも検討してみた方が良いでしょう。